イルカって体幹あるの?

今日はスタビリティエクササイズのお話です。

数年前までは水泳選手の身体=「動かす」(胸椎・胸郭)「固める」(体幹)「動かす」(股関節)という考え方が主流でした。
その当時はすごく画期的な考えですごいな〜!と感心したのを今でも覚えています。

そして私も「固める」のが得意な1人でした。
バキッと体幹!!みたいなものがコアだと思っていましたし、もちろん今でもスプリンターの選手には活用します。

ちなみに私の場合、高校生の時初めて体幹トレーニングというものの存在を知り、週2回コーチの元でトレーニングしていましたがきついだけで何に効いているのかよくわかっていなかった1人です。

使い方が下手すぎて全然水中で役に立ちませんでした。(笑)

私の見ているチームでは「水」という不安定な要素の中で水と喧嘩しないように柔らかいコアを活かせるようなエクササイズをたくさん取り入れています。

イルカの水中映像を見たことはありますか?

イルカは哺乳類なので脊柱が存在します。
でも泳ぐときバキっと固めることはないですよね。

その代わり脊柱が滑らかに動いていのが特徴です。

これに当てはまるエクササイズの1つがローリング系エクササイズです。

下の映像は初めてチャレンジした選手です。

IMG_9729

だんだんだんだん脚が下がり、開いてきて・・・キープできずに倒れてしまっていますね。

いわゆるこれまでの「スタビ」ができても力ずくではこのエクササイズはできません。
そして、いわゆる「腰そり」の選手は腰を外れない状態で行なっているのでなかなか回ることができません。

ちなみにこの日は18人全員が苦戦しました・・・。

特にスプリンター2人はコロコロ転がっていました。(笑)

ソフトコアとハードコア、種目や距離、弱い・強いによって使い分けができるトレーニングは競泳選手にとって絶対必要ですね!

☆競泳専門のトレーナーをお探しの方はこちらまでご連絡ください☆

・パーソナルトレーニング 8,640円〜/60分
・チーム指導(高校・大学・スイミングクラブ)、グループレッスン ※時間や場所、料金は応相談
・スイミングクラブのコーチ研修
その他、各種スイミングイベントへの講習も承っております。

お問い合わせは下記メールアドレスまでお願いいたします。
yui.athletictrainer@gmail.com.athletictrainer
小田口唯まで

競泳チームのトレーニングについて

永らくお待たせ致しました。

大阪での活動もようやく始まり、これから競泳選手やマスターズ選手に役立つ情報・活動報告を中心に発信していきたいと思います。

今日は今月から週1回指導させていただいている大阪のスイミングチームのトレーニング風景を少しだけご紹介したいと思います。

基本的に中学生以上の選手コースは

1.水中に入る前のムーブメントプレップ(ウォーミングアップ)
2.モビリティの獲得(特に股関節周囲と胸椎・胸郭)
3.水中での安定性獲得のためのモーターコントロールエクササイズ
4.ストレングストレーニング(年代に合ったものを各個人チョイス)
5.距離・種目に合ったエクササイズ(パワー・スピードをメインにしたもの)

このような流れで中学生以上組は取り組んでいます。

以前は競泳選手たるもの肩の柔軟性・肩甲骨の可動性ということが第一!という風にに考えられていましたが、それらが突出しすぎることが原因で肩の痛みや身体の成長に伴いキャッチが上手くいかない、肩の柔軟性だけで泳いでいる(小さい頃速かった女子の選手に多いですね)・・・などの問題を抱える選手がたくさん出ているのを目にしてきました。

例えばトランクローテーション一つ挙げてもやり方を注意しないと肩関節(肩甲上腕関節)前面の可動域だけでエクササイズすることで逆に必要以上の可動域が出てしまい、痛みが出てしまうことになり兼ねません。

改良を重ね、現在選手に行ってもらっているのが写真のトランクローテーションです。

腰椎の伸展(腰を反らさない)と回旋を起こさないよう、後ろ脚を90度外に向けつま先を立て、肘で膝をロックすることで勝手にコアが安定するような仕組みです。

目線から動かすことで頚椎の動きも加え胸郭の広がりも出てきています。

このように単純なエクササイズ1つを取っても意味があり、背景があるのです。

次回は競泳選手のためのムーブメントプレップをご紹介したいと思います。

 

◯競泳選手のトレーニング、パーソナルトレーニングを随時受け付けています!

・パーソナルトレーニング 8,000円〜/60分
・チーム指導(高校・大学・スイミングクラブ)、グループレッスン
※時間や場所、料金は応相談
・スイミングクラブのコーチ研修
その他、各種スイミングイベントへの講習も承っております。

お問い合わせは下記メールアドレスまでお願いいたします。
yui.athletictrainer@gmail.com.athletictrainer
小田口唯まで

準備中

全国のスイマーを応援するためのサイトを只今準備中です。

ジュニア選手向けのドライランド指導やコーチ・指導者の方のためのトレーニング講習会、マスターズスイマーの障害予防エクササイズなど、今後発信していく予定です。

準備期間中のお問い合わせはyui.athletictrainer@gmail.comまで