アップキックの感覚とウォーミングアップ

競泳のチーム指導をしていてよく目にするのが過剰な可動域がでている選手と異常な可動域制限が出ている選手が極端であることです。

わかりやすく例を挙げると他動のSLRで”伸びる感覚がほとんどない”、もしくは”80度上がらない”のどちらかということです。

ハムストリングに関わらず他の関節でもそうですが首、膝や肘の過伸展(サル手のような現象)が出やすい競技が故に育成年代では柔軟性や可動性で泳げていたのに成長するにつれ”水を捉える、押さえつける”ことのないどこで進んでるのかわからない泳ぎたいになったり、またスタートで台をプッシュできないという問題を抱えた選手をよく目にします。

そこで選手のウォーミングアップには普段選手が使えていない感覚を入力するエクササイズを導入することが多くあります。

今回普段から指導させていただいている太成高校さんより「レース当日の汗が出て身体がすぐ動くアップ」というお題が出たので初チャレンジしてもらいました。

これはムーブメントで教わったトレーニングでバックペダルという種目です。

UQPO0483

そもそも前向きのスキップも危うい選手が多いため(笑)チャレンジングな種目ですが、普段踵でヒールコンタクトをしないペンギン歩きの選手にとってとても良い感覚刺激を得ることができます。

カッティングもターンもディフェンスもオフェンスもない競技ですが地面をプッシュするという行為がやがてスクワットやデッドリフト、クリーン、スナッチに繋がります。

リズム感も大事になるので練習前にはもってこいのエクササイズですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です