競泳選手のリズム感

スイマーはリズム感がない、バランス感覚が悪いとよく言われますが、その理由はズバリ「やったことがない」からです。

水中で重力を受けない競技だからといってリズム感やバランス感覚がなくてもいい、という理由はありません。

トップスイマーの中には抜群にリズム感や空間認知能力がいい選手もたくさんいますし(社会人女子選手ですがどの種目もトップレベルで泳げます。)、やはり強い要因の1つになっているのは確かです。

リズム感と一言で言っても手と足の位置感覚やスピードの強弱に対応する能力も同時に必要です。

この陸上で培ったスキル(引き出し)は水中でのテクニックの向上に自然とつながりますし、よりテクニック習得の時間短縮につながります。

さて、↓小学生チームのトレーニングの様子です。

IMG_1967

手をつく瞬間に肩周囲を安定させることと脚をついた瞬間に地面をプッシュすることで一定のリズムが生まれ、体幹の安定性も同時に出てきます。

面白いことに低年齢になればなるほどこういった種目と水中でのレベルが比例しています。

高校生以上になると比例しませんが、競技レベルはそこそこでもスピードの出し方がわからない選手が多いです。

ただし年代があがっても改善可能です。

小学生には小学生のうちに伸ばすべきエクササイズをしましょう!

★競泳のパフォーマンスアップ、傷害予防の指導依頼は直接ご連絡ください。

パーソナルトレーニング8,640円~/時間
高校・大学やスイミングクラブの団体指導 応相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です