真面目な選手ほど怪我をする

卒業の季節がやってきました。

去年まで3年間住んだ新潟の選手たちも卒業です。

その中でも印象深い選手のことを綴りたいと思います。

小学4年生の時に初めて会った彼女は真面目で何事にも一生懸命で才能溢れる選手でしたで話を聞く時の目力がとても印象的で、、、裏を返せば過緊張でした。

ある日、肩を痛め泳げないとコーチから相談を受け個別に対応させていただくことになったのが2年前です。

頭が前方に変位しバタフライを泳ぐ時に肩が入りすぎる、少し跳ね上げるタイプの、「肩」で泳ぐのがクセでした。

年齢にしては筋力もありスピードのある選手だったが故に対応しきれず肩に障害が起きたのです。

まずは写真のように頭が前方に変位し肩が前に巻いていることを自覚してもらい、ストリームラインでどれだけ抵抗を受けているかを見てもらいました。

(全部の写真の向きバラバラですみません。。。)

・マーメイド
・呼吸エクササイズ(呼気がものすごく苦手)
・デッドバグ

の10分エクササイズを毎日の課題とし、日常では授業中口を開けて話を聞かない(笑)、と目を見開かないでねとだけ伝えた1週間後が下の写真です。

小学生の修正力はすごい。

更に

・アームスイープ
・股関節前面のモビリティドリル
・ショルダーパッキングドリル

上記3つを追加して、目を柔らかくすることを約束して1週間。

 


痛みははじめの1週間で消失し通常練習に戻りました。

マッサージはせず、肩も触らず自力で治しました。

そんな彼女ももう小学校卒業です。

昨年は勝ったプレッシャーからレースで泳げずコース台に立てなかったり途中棄権した時期が数ヶ月続きました。

でもコーチや本人の努力の甲斐あり、数ヶ月振りに50を泳ぎ切りました。

そしてその半年後、先々週小学校最後のJOをかけたチャレンジレースまでカムバックし残念ながらあと0.1秒でしたが将来に繋がるレースをしました。

数か月振りに50を泳ぎ切った報告を受けた時とチャレンジレースの結果を見たときに感動で涙を必死にこらえたことは本人には内緒です。笑

小学生、社会人選手関係なくそもそも何が痛みを起こしているのかを見極め、本人が自覚し自分で治そうとする姿勢とそれをトレーナーやパフォーマンスコーチが選手に伝えることが大事だとひしひしと感じます。

中学生になっても活躍する姿、楽しみにしています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です