ローリングと止める感覚

調子が悪いときや疲労している時、立体感(三面の動き)が出ず縦の動きしかでないため腕で一生懸命引っ張る、もしくはキック頼みのフォームになる選手がよくみられます。

こういう時の解消法として力みを出さず素早いローリングの動作を出すエクササイズが有効です。

ただし、ローリングも無理やり出してしまうと抵抗の大きな泳ぎになってしまい、キックが水に対して垂直に入らなくなるリスクがあります。

そのためローリングの動きも出しつつ”止める”動きの習得もしましょう。

ローリングで動きを出して(このローリングは抜群に上手くて芸術的。笑)

CKKB7706

GQWG3735

いくつかのエクササイズを挟み

クオータージャンプ(もう少しスピードが欲しいですね。笑)

IMG_1631

動きを出すところとスピードを出しながら止める、これが重要です。

ボックスに乗った時の脚の向きやジャンプの時の力の抜け方も大事です。

身体が動かないときこそマッサージやストレッチにこだわらず、本来持ち合わせている動きを引き出してあげる、そんな選手が増えるといいな、と思います。

タイムが行き詰っている、身体が思い通りに動かない等の悩みがある、本当にこのトレーニングでいいのかと疑問を持っている選手、もしくは指導者の方はいちどご相談ください。

ジュニアからマスターズまで指導させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です