パフォームベタージャパンサミット

週末は幕張で行われた

Perform Better Japan Summit 2019

に参加してきました。

自分のベースである”動作”教育の見直しといつもお世話になっている講師の方々に会って新シーズンの刺激を入れたいという思いで参加しました。

これまでたくさんセミナーは受けてきました。

日々進化する沢山の情報を自分に落とし込み、何度も繰り返し、今後どうやって自分のセッションに導入するかが課題だな、と。

自分は動作も見るしストレングスコーチ、パフォーマンスコーチとしての役割にも強くこだわりを持っているので尚更複雑化しそうなのをよりシンプルにしないと、と友岡さんのセッション(I will 50サーキット)を受けてそう感じました。

当たり前のスタートラインにまた戻ってきました。

競泳におけるスタートやターンのスピード向上はもちろんだけどその前にやるべきことたくさんあるだろ、シンプルにわかりやすく選手教育しろよ、と言われているようで邦子さんのセッション中はなんだか反省しながらむちゃくちゃキツイフローを汗かきながら受けていました。

若手の女子トレーナーたちと話す機会も最近多く、そんな歳になったんだなとも再実感。

現場で働きたいと悩みもがく彼女たちに向けてそう遠くないうちに自分が動かないといけないことも自覚しました。(ありがとう、若い女子たち)

http://swim-athletictrainer.com/wp-content/uploads/2019/09/img_3852.mov

そしてアスリート以外の一般の方に向けてのグループワークアウトクラスもやっぱり持ちたい、という想いも湧き出てきましたのでどなたか誘ってくれたらな、なんて考えて結局ひたすら仕事している久しぶりのday offでした。

さぁ、原点に立ち返って2020東京を迎えられそうです。

ちゃっかり代表と写真撮ってもらいました。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です